バイアグラの副作用の本当の原因は、セックスによる運動なのだろうか?

その2 バイアグラ ニュース

勃起不全(ED)治療薬で有名な商品名バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルを服用すると、心筋梗塞などの発作を起こすと副作用の報告がなされてきましたが、USAで実施された臨床実験で、クエン酸シルデナフィルを運動後に服用しても 飲まなかった場合と比較して心筋の動作に異常な変化がなかったことが明らかにされました。研究者達は、「性行動に伴う運動と通常の運動の間に、心筋に与えるインパクトが違う可能性がある」と考えています。US医師会の学術雑誌、Journal of American Medical Association (JAMA)の2月13日号誌に研究結果は、掲載されました。

この臨床実験に協力した被験者の内訳は、通常 狭心症などの持病を持ったED薬服用が勧められない平均年齢66歳の高齢男性105人です。被験者は、くじ引きで2グループに分けられ、片方は、クエン酸シルデナフィル、もう片方は、偽薬を用いて、血圧や心機能の違いを比較されました。

比較の結果、シルデナフィルを投与されたグループでは、やや血圧は下がりましたが、両グループで心機能には、大差ないことが明らかになりました。また自転車漕ぎ運動をやらせ 心電図や心臓の動作をしらべる実験でも、偽薬を服用したグループとの比較で違いはない事も分かりました。

以上の事から研究者達は、「シルデナフィル服用後に運動をしても、心臓に与える影響は、服用しなかった偽薬の人たちと同じ」と結論付けております。クエン酸シルデナフィルを服用しなくても、セックスだけで心筋梗塞の危険性は、2.5倍以上になる他の報告も考慮し、論説では、「クエン酸シルデナフィルと性行動に伴う運動の相互作用をより検証、研究する必要がある」と強く訴えております。


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved