バイアグラのはずが、、、、なんてこった

その7 バイアグラ ニュース

佐賀県伊万里市44歳の無職男性は、覚醒剤取締法違反の罪に問われていましたが、佐賀地裁の伊藤ゆう子裁判官は、20日この男性に対して、無罪の判決をくだしました。判決理由は、“故意に覚醒剤を使用したとは認められない”と言うモノです。この件について、検察側は、懲役1年6ヶ月を求刑していました。

判決文には、被告は、バイアグラと言われた錠剤を伊万里市内のパチンコ店で仲良くなった男から買い、またもう1錠をおまけとして貰ったそうです。被告は、購入した錠剤を28日に服用後、財布を無くし、運良く警察に届ららえた財布を受け取りに鹿島署に出向きましたが、財布にはまだ残りの錠剤があったため、警察に疑われて尿検査を求められました。そして、結果は、なんと覚醒剤の成分が検出され、29日に御用となってしまいました。

判決理由で伊藤裁判官はこう指摘しました。“仮に覚醒剤を保有しているという認識があれば、ためらいなく警察署に出向くとは考えにくい。”

佐賀地検の壬生隆明次席検事は「判決文を検討して、上級庁と協議した上、適正に対処したい」とコメントを述べ、本多俊之弁護士は「被告の話をもっとよく聞いていれば、起訴する必要はなかっただろう」と話したそうです。


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved