バイアグラはどのように体に作用するのか?

その15 バイアグラ ニュース

バイアグラの有効成分シルデナフィルは体内でcGMPこと環状グアノシン1燐酸の分解をしているPDE-5こと5型ホスホジエステラーゼの酵素活性を弱めます。これによって陰茎周辺部のNO作動性神経が刺激され血管拡張⇒血流量増加とつながり勃起力を高め持続させるのです。

EDを患っている人は、陰茎を勃起させ正常な性行為を行うためにバイアグラをセックスの30分から一時間前に服用するのが良いでしょう。しかしながら、たとえこの薬を服用しても性的な衝動がない場合や陰茎に対する適度な物理的刺激が与えられないと勃起は起こらないので注意する必要があります。簡単に言えば、バイアグラを服用したあと、勃起するには気分がムラムラする必要があるし、ペニスに刺激を与える必要があるということです。もうひとつ留意しておきたのは、バイアグラには精子を増やす作用はないので、短時間に絶頂を繰り返し迎え何回も射精すると精液がでないで射精することがあり、その場合普段の場合と比べ射精で得られる快感の度合いは弱まっています。

バイアグラの有効成分シルデナフィルには、他に心血管系の作用があります。それは、陰茎のみならず脳を巡り血管を拡張、血流を向上させるものです。この作用に注目して現在いろいろな病気に対する応用的な使われ方が調べられています。例えば、慢性心不全、肺高血圧症、特に新生児心室中隔欠損症、動脈管開存症、開心術中、術後の急性肺障害などがあります。

2008年4月からレバチオと呼ばれる有効成分がバイアグラと同じシルデナフィルの肺動脈性肺高血圧症治療薬が販売されております。


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved