バイアグラの副作用とは

その16 バイアグラ ニュース

バイアグラの有効成分シルデナフィルの作用の仕組みは、心臓病治療用の硝酸塩系薬(ニトログリセリンなど)と同じで、副作用には、狭心などがあげられ、具体的に血圧の急速で大幅な低下や、心臓に対する酸素供給に障害が現れます。特に狭心の発作後、医療機関に運ばれた時、患者がバイアグラの使用を知らせず、医療機関によって硝酸塩系薬が投与された場合、症状が悪化し、酷い場合には死亡に至る事例があります。

ファイザー社は、この硝酸塩系薬の投与におけるバイアグラの危険性を知らせるために、医師、薬剤師に禁忌情報を発信し、バイアグラ包装の箱には、硝酸塩系薬と併用すべきでない事柄が書かれています。

厚生労働省は、特に海外の滋養強壮、精力強壮のサプリメント、健康食品には、シルデナフィルを含有しているものがある事に注意を呼びかけております。

また、米国におきましては、バイアグラ、シアリス、レビトラのそれぞれ有効成分が異なるこれら3種のED薬に対して服用で突発性難聴になる可能性があるとして食品医薬品局が2007年10月18日に薬剤の取り扱い説明書や包装用の箱にその危険性を書くように方針をだしました。


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved