バイアグラに対する社会の反応

その17 バイアグラ ニュース

日本の医療機関で処方される錠剤は、有効成分を一錠に25mg含有するモノと一錠に50mg含有するモノがある。USAや海外でファイザーが製造し市場に出しているモノの中には、100mg錠があります。日本においてこの100mg錠は製造の認可が出ておらず日本の病院では処方は不可能な状態です。100mg版は日本より大柄な男性が大勢いる国々用だといわれています。

個人輸入代行のほかに、国内で正規に手にいれるためにはお医者様の処方箋が要ります。その上、健康保険には適用されず、保険外診療になるため、それぞれの病院で価格が違ってきます。現在の相場は、一錠1500円ほどです。

1999年の販売当初は、専門の知識を習得した性病科、泌尿器科、一般内科の医師がMRから説明を受けるなどして特定の診療所、病院の診療科で患者に対して問診、血圧測定など生理的検査をし、勃起不全と判断されれば、処方されるようになっていました。この診断において通常は陰茎を医者に露出したり触診される必要はかならずしもありません。2000年代からは、簡単な問診だけで済むように患者が頼めば、処方する一部の心療内科や美容外科が現れました。

医療機関から処方されますが、依然として多くの人が病院や薬局へ行くのを恥ずかしく思い、ためらうため、個人輸入代行業者に依頼し入手するケースが多くみられます。個人輸入代行業者の中には、知ってか知らずか、偽者やまがい品を扱っている悪徳業者がおり、業者の選定に注意を払う必要があるでしょう。

男性においてEDは自分への自信を失う脅威となりえます。しかしながらお医者様へ行くには恥ずかしさがあり躊躇してしまうのも事実です。そのためネット上で個人輸入代行を利用することによって通販感覚で手に入れようとする市場の要求は一定してあります。現在 スパムと呼ばれる大量な宣伝メールを海外から送信する心無い悪徳業者があり、一般の人々から非難される事柄が見られます。

海外から送信されるスパムは無差別に送りつけられるため、児童など情報に触れるにはふさわしくない人々にも届くことがあり、社会問題視される傾向があります。また、バイアグラの効能が世に知れ渡るにつれニセモノを高値て販売する者も現れ、こちらも問題視されております。

現在日本国内では100mg錠の販売は認めらておりませんが、仙台市のある業者が日本国内で売ったため2003年10月6日に逮捕されています。2013年においては、中国に住んでいる兄弟と共謀しニセモノを日本へ密輸しようとした男が日本で逮捕されています。


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved