バイアグラのコピー薬

その18 バイアグラ ニュース

先進国では大抵の場合、薬剤特許として成分特許と製造法特許が認められていますが、インドでは、製造法特許だけが認められています。(海外からの圧力により2005?年以降の新薬については、成分特許も認めるようになったようです。)そのため、たとえ有効成分がまったく同じモノであっても製造の仕方さえ違えば合法的に製造販売ができるのです。インドでは数多くの薬剤会社によってファイザー社よりも安くコピー薬が売られています。有名どころは、Ajantaのカマグラ、Ranbaxy のカバルタ、Zydus Alidacのペネグラがあります。その効果はほぼ同じで値段は1/6程度が相場だといわれています。もちろん正規品のバイアグラ同様、これらのコピー薬に対しても、個人使用目的で日本へ輸入することは合法であるため、多くの個人輸入代行業者が扱っています。(日本の薬事法により個人目的以外の使用、例えば卸し、転売、譲渡は違法ですのでお気をつけください。また日本のように、成分特許がある国では、コピー薬を輸入して販売することは特許法にも違反するので注意が必要です。)

世の中には、きちんとした薬剤会社で合法的に製造されたコピー薬とは別に、いわゆる、有効成分含有量が少なかったり、人間には用いられない粗悪な材料を用いた不衛生で品質に問題があるニセモノ医薬品が出回っています。バイアグラのニセモノは勿論の事、驚くことに有名なコピー薬のパチモノもあります。安いからといって、むやみに手をだすのは、危険だと覚えておいたほうが良いでしょう。


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved