バイアグラ・アイスクリームで議論が起こる

その23 バイアグラ ニュース

人工物と食べ物の組み合わせ調理本に新たな1ページが加わりました。今回の組み合わせは,なんと バイアグラとシャンパン・アイスクリーム。

このご馳走は、あの人気ED治療薬でお馴染みの青みを帯びていて、多くの有名人を顧客に持つ料理人が彼のA級リストに載ったセレブ達のために考案したモノです。

ひとすくいで25mgのバイアグラを含有しておりまして、開発者によれば “おいしいよ、なめてみて” なんだそうです。しかしながら諸事情がありまして、すぐにお店の棚でお目見えするのは難しく、このバイアグラ・シャンパン・アイスクリームを買うには、まだ時間がかかりそうな気配が感じられます。

 

セックス、クスリそして食品医薬品局の厳密な調査

シルデナフィルとして知られるこの薬剤は1998年に認可され、その後も医療関係者と食品医薬品局関係者の調査対象とされてきました。2004年になると、バイアグラ製造会社のファイザーは、バイアグラ使用者がまるで悪魔かと思えるほど性欲旺盛、好色な成金かのような印象を与えかねないキャンペーン活動を停止。

これはFDAがバイアグラのテレビコマーシャルが、服用することで性欲と性活動が盛んだった頃の水準にまで回復するかのように謳っているが、FDAは、それらを明らかにする証拠や医療関係者からの患者実例報告を受け取っていないとファイザー社へ警告的書簡を送ったからです。

我々は一貫して娯楽的な使用に反対してきたとファイザー社は主張してきました。しかしながら、その主張とは裏腹にアメリカ勃起不全協会の泌尿器科のある医師は性活動をよりよくするためにバイアグラを使う事はまことにけっこうなことだとも言っております。

主張がどうであれ、2010年のある報告書によりますと、18から30歳の健康な男性の21%以上が娯楽目的でED治療薬を使用し、そのほとんどがアルコールか、または医師との相談なしで他の医薬品と併用していたそうです。

これらの男性は友人またはインターネットを介して薬剤を手にいれるそうです。娯楽目的での使用が誤用を招き、なんらかの社会的問題になるかもしれないと危惧し、長期にわたる誤用、乱用に関する調査研究をしなければいけないと主張する学者もおります。

 

バイアグラはどのくらい安全なのだろうか?

バイアグラと他の競合ED薬について安全性に疑問を投げかける報告があります。2010年のあるリポートによるとED薬と長期にわたる難聴に関連性があるのではないかと見られています。

またあるリポートによりますと, ED薬を服用している人はそうでない人と比べると、84%多く皮膚癌の一種メラノーマと診断されるそうです。

上記の警告的な報告がありますが、男性のバイアグラと他のED薬に対する熱い需要を冷ますのは難しいでしょう。上述のバイアグラ・アイスを食べた顧客達は食べ物と、食べた後の結果にも大変満足したそうです。

(2014年4月15日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved