女性用バイアグラの開発

その24 バイアグラ ニュース

現在、女性の性欲を高め、かつ体重を減らす女性版バイアグラとも言うべき、ある錠剤のテストが行われております。

この薬剤は、バイアグラを開発した人々の助けを借りながら研究されており、2015年末までには、ベッド脇のキャビネットに置かれているかもしれません。

バイアグラを作り上げたチームメンバーの一人は、多くの失敗例を見てきたが、イギリスのORLIBID社が開発している最新の薬剤は成功するかもしれないと述べております。

このクスリは、通常日焼けに関連したホルモンであるメラトニンの合成版であり、脳に作用し、性欲を高めます。

メラトニンは性欲と食欲にも役割があります。製薬会社はメラトニンが性衝動に作用することは長い間知っておりましたが、それを皮下注射では無く、錠剤に詰め込む方法を開発するのに苦労しておりました。

この新しい錠剤タイプのお薬は注射版よりも利用しやすく、副作用もほとんど現れません。まれに吐き気を感じるかもしれませんが、中毒性が無いので、日常よく利用しようと考えている人にとってはうってつけです。また治療が進むにつれ、服用量は減っていきます。

製造者側は、女性への影響を調べるため世界中で3回の臨床試験を予定しています。もし結果が安全で効果的だと証明すれば、このクスリは、2015年末までに最初にイギリスで発売されるでしょう。

性行為の15分前に服用されれば、女性の性欲が2時間以上に渡って高まるでしょう。錠剤ではなく、皮下注射版での結果では、女性はより満足するセックスを経験したそうです。

なお、このクスリが効いて性欲が高まっている間、食欲は減退するのでダイエット効果も期待できるわけです。

(2014年1月14日:メルボルンからの情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved