バイアグラは心不全患者に対し有益性がなかった

その27 バイアグラ ニュース

新たな研究によりますと、勃起不全治療薬として一般的によく使われるクエン酸シルデナフィルは駆出率が保たれた心不全患者に対して効果的でないことが分かりました。

血管平滑筋cGMP選択的分解酵素(ホスホジエステラーゼ5)阻害剤であるシルデナフィルは以前行われた小規模な人体実験や動物実験では、有望な結果が出ていましたが、今回の結果で研究チームのリーダーは落胆しているそうです。

「この結果を見て、最初驚いたし、同時に失望したよ。我々の仮説と矛盾する。心不全患者に対し何も有益なところがないよ。我々は、なにかしらの効果があると願っていたんだがね、、、」

最大酸素消費量から考えられる最大運動能力、6分間での最大歩行距離、被験者の健康状態、被験者の心臓組織、機能において、この薬剤の影響を調べましたが、なにかしらの効能は見つからなかったわけです。

心臓が血液をよく送り出さないと、息切れ、疲労、虚弱状態などの心不全症状が現れます。

RELAX study と呼ばれる研究は、多機関で行われるシルデナフィルを用いた拡張期心不全に対する治療効果をみる最初の調査でした。二重盲検、プラセボ対照、心不全を患い運動能力が衰えた途中入れ替え無しの216人に及ぶ外来患者集団内の無作為抽出(駆出率は50%越え)、中央年齢は69歳という条件で行われました。参加者は米国の心不全治療研究ネットワークを構成する9つの医療センターと米国とカナダの17に及ぶ別の医療機関から3.5年に渡って登録されました。

「とても複雑な研究だった。研究参加者の基準はとても厳格であった。しかしながら、望んでいた結果を我々が目撃する事は無かったようだ。この種の心不全は、この薬剤に反応しないというわけさ。」と研究者の一人が言ったそうです。

この研究の詳細は、The Journal of the American Medical Association と言う医学雑誌で近頃発表されました。

(2013年3月12日 ワシントンからの情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved