バイアグラの勃起不全治療効果は偶然発見された

その37 バイアグラ ニュース

専門家によれば、バイアグラは、実は心臓病の一つ狭心症の治療のために開発され、ED治療への有効性は偶然発見されたそうです。

ほとんどの薬剤はある特定の症状に対して設計されますが、その潜在能力は実際人に使われるまで分かりません。

例えば、ベントリンと呼ばれる吸入製剤は、元々喘息発作に用いられていましたが、使用されるようになって初めて、早産防止効果と猛毒で悪名高いヒ素に対する解毒作用が判明したのです。

またこのクスリは白血病に対して再評価され再利用されるようにもなりました。

他にもリタリンと呼ばれる薬剤は、最初50歳以上の人のウツ解消を目的として開発されましたが、ADHA、注意欠陥多動性障害への治療可能性は偶然の発見でした。

しかも認知能力向上にも効果があるとみなされ、ADHAでない普通の人が飲むと賢くなるんだそうです。

ケンブリッジ大学 Barbara Shahakian教授は、健康な実験志願者へ、リタリンを一服与え、知能テストを実施。

「空間作業記憶を使うような課題に対する処理能力向上だけでなく、脳における神経回路網の性能向上も確認できた。」とSahakian氏は述べます。

リタリン服用が集中力と認知力を高めたと考えられるわけです。

上記の話に加え、ED治療薬として有名なバイアグラは、元々意図された疾患に対して利用されてはいないのです。

バイアグラは,化学物質UK92480で表記され、最初は心臓へ血液を供給する血管が収縮してしまう狭心症治療の新薬として作られました。しかし臨床試験で有効性が不十分であるとして不合格。

しかしながら、治験被験者の多くからよく勃起してしまうと、予期せぬ副作用が報告されたのです。

「我々がこの研究で驚いたのは、勃起反応の回復を目撃した事だ。“特別”という言葉だけで表されるような現象に立ち会ったのだ。」とBBCニュースは、ファイザー社上級科学者、Chris Wayman氏の発言を紹介いたしました。

(2010年1月22日ロンドンからの情報)

まるで“偶然は発見の母”と副題が付くようなリポートですね。


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved