ある女性用バイアグラ候補薬剤が不合格判定を受ける(別情報源)

その41 バイアグラ ニュース

最初の“女性用バイアグラ”になるだろうと期待されていた薬剤が、臨床試験で有効な結果を示す事ができなかった模様です。

調査で明らかになったのは、薬剤フリバンセリンが性的衝動に著しい影響を与えず、性交で少しばかり満足度をあげる程度だったと言う事です。

この錠剤は、眠気、憂うつ、失神、めまいなどの副作用があり、効果が現れるまでに数週間の時間を必要とします。

イギリスThe Daily Mail紙は、現在、米国食品医薬品局諮問委員会が、この薬剤の認可を支持するかどうか検討中と掲載。

また、医療関係者の中には、そもそも女性の性欲を高めるクスリが必要なのかどうか疑問を投げかけ、単に製薬会社が新たな医薬品市場を作りたいだけではないかと非難する人がいると伝え、

彼らが、クスリを飲んだところで、壊れてしまった男女関係が元に戻ることは無いし、育児や家事の負担が軽くなるようなことも無いと指摘していると同紙は、紹介しています。

(2010年6月18日ロンドンからの情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved