女性用バイアグラはまだの模様(別情報源)

その42 バイアグラ ニュース

FDAこと米国食品医薬品局の専門委員会は、満場一致で“女性用バイアグラ”と目されていた女性の性欲を高める錠剤に対する認可申請を否決。

FDA生殖安全性諮問委員会は、提出された証拠が、ドイツ製薬会社ベーリンガー・インゲルハイムによって開発された薬剤フリバンセリンの効果と安全性を証明していないと声明を出しました。

「薬剤の効果が副作用の危険性を正当化するほど十分強固なモノではなかった。」と委員会議長、マサチューセッツ大学医学部産婦人科主任教授 Julia Johnson氏は、審議を終え話してくださいました。

法律によって規定されているわけではありませんが、通常 FDAは、諮問委員会の勧告に従います。

製造会社によれば、フリバンセリン(男性の勃起不全治療薬として広く人気がある錠剤バイアグラの女性版として作り出された最新の努力の結晶)は、脳内化学物質に作用し性欲が低い閉経前の女性を治療します。

男性用ED治療薬とは対照的に、現在まで、どの国においても、Girosaという製品名の医薬品発売許可は、下りていません。

批評家によって製薬大手があちこちの研究機関へ資金提供していると暴露・警告されておりますが、The New England Journal of Medicineに掲載された分も含め、いくつかの研究で、少なくとも40%の女性が程度に差はあれ、性機能不全に陥っていると報告されているそうです。

1998年にバイアグラが発売され、凄まじいヒット商品となり、ほどなく競合会社からシアリスとレビトラが続けて送り出されました。その後、各医薬品会社は、20億ドルの需要があると見込まれているこの女性向け潜在市場へいち早く踏み出そうと張り合っているわけです。

(2010年6月19日アメリカ メリーランド州 モンゴメリー郡 ゲイザースバーグからの情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved