“女性用バイアグラ”は一夫一妻制維持に役立つかもしれない。

その49 バイアグラ ニュース

“恋人との関係を長く続けていきたい”と言う女性側の欲求を高める薬が現在研究されているそうです。一般的に恋愛関係が始まった段階では、男性も女性も同じぐらい強く関係を維持しようと望みます。しかしながら、時が経つにつれ、男性の場合そのような事は無いのですが、女性の場合、お相手との間柄に興味が急激に失せてしまう傾向がみられ、科学者は、この現象を十分に説明できていませんでした。当然、医薬品業界は、この問題を解決し利益を得ようと考えていまして、具体的には、Lybrido または Lybridos が登場すれば、この新薬は、乙女の恋の炎をずっと燃やし続けるお手伝いをしてくれると期待されています。ところで、このような女性をその気にさせる薬剤は、巷でしばしば“女性用バイアグラ”と呼ばれますが、男性のそれとは、明確な違いがあるのでお気をつけください。New York Times紙面上で、Daniel Bergner氏は、このように説明しています。“(男性用)バイアグラは、陰茎を勃起させる肉体的な変化を生じさせる物で、女性の欲求へ働きかける薬剤とは、別物なんです。女性用は、脳の本能的な活動領域と計画や命令を遂行する活動領域を調整し、意識に影響を及ぼす物です。”

この新薬は、二つの活発な化学物質を放出する事によって、性欲を駆り立てる神経伝達物質ドーパミンの影響力を強化し、相対的に心の安定、安らぎをもたらす神経伝達物質セロトニンの影響力を低下させ効果を発揮します。この薬剤は、まだ検査試験を受けていますが、開発に携わっている研究者によれば、各試験の結果は明るく有望で、もし米国食品医薬品局に認可されれば、2016年までに市場へ出回るだろうと考えられています。Lybridoの治験に参加した女性の一人は、“服用する前は、週に1回程度だったけど、今は、週5回はしています。セックスが終わっても、またセックスしたいと思うの”と話してくださいました。(詳細はNew York Times でお確かめくださいませ。)

(2013年5月26日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved