女性政治家6人が男性の自慰行為とバイアグラを標的にする

男性の性と生殖に関する権利を抑圧しようと6州で提出された法案

その55 バイアグラ ニュース

他の4州から集まった女性政治家達が、オハイオ州とジョージア州の代議士等と合流し、バイアグラと断種手術の利用をも含む、男性の性と生殖の自由を厳しく取り締まる事ができる法案を通そうと躍起になっているそうです。これは、州の限定的妊娠中絶法に対する彼らなりの反撃であり、人工妊娠調節を適用範囲とする健康保険に対する攻撃でもあります。オクラホマ州の修正案では、精液が女性の膣だけへ注入されるよう求めており、もし応じない場合は、生まれるべき胎児に対する背反違法行為として解釈・判断されるようになると、米国NPR社(ナショナル・パブリック・ラジオ)は報道しました。

(※私の個人的注釈:キリスト教には、一般にどんな避妊であれ、それは悪だという考えがあるためでしょうね。)

バイアグラを求める男性へ 心臓負荷試験、性問題専門医の診断、勃起不全で問題があると証言する患者男性の妻、恋人からの文書を義務付ける法律案を最近提出したオハイオ州上院議員 Nina Turner氏は、「多くの人が女性の妊娠中絶と人工避妊の利用を制限する法律を受け入れますが、私達の改正案に対して人々は、まだ“奇妙”だと考えています。」と発言。

一方、法律専門家からは、このような法案が成立する見込みはゼロだと断言されています。また、American大学、女性政治学科長、Jennifer Lawless氏は、「法案を通すことが目的では無く、自分の主張を世間に力説し、11月の選挙で女性票を獲得することが目的だ。」と説明しております。

(2012年3月16日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved