バイアグラが必要? 公正証書提出を求めるオハイオ州の法案

性行為相手が男性がEDであると証言しなければいけないのだ

その57 バイアグラ ニュース

反対派の人々が妊娠中絶や避妊を止めさせるためアメリカの各議会で審議されるべきだと考えている様々な案の中で、最初に提出されるような法案ではありませんが、おもしろい物です。オハイオ州民主党員、Nina Turner氏は、まるでバアイグラ入手が厳しい試練であるかのような上院法案307号を先週提出しました。

バイアグラを求める男性は、三つの関門を越えなければいけません。

1:性疾患専門医の診断を受けること

2:心臓負荷試験を受けること

3:性行為相手が男性が勃起不全であると証言する公証宣誓供述書の提出 (思わぬ曲者ですね、、)

また、その後OKが出ても、医師との診察は継続し
その上 “実践できる生活様式の一つとして性的関係を慎しんで過ごすための知識・情報”が患者へ与えられるようにしなければいけないんだそうです。

「もし州が心臓拍動開始後の中絶を禁止する “Heartbeat Abortion Law” のような法案で女性の性と生殖に関する健康を規制する事ができるならば、男性も公平に規制の対象であるはずだ。」と Dayton Daily News紙面上、Turner氏は述べ

「肉体的、心理的、どちらでも、症状の本質を見極める検査が実際に行われたかどうか医師が確認する事をFDAさえも推奨している。私は男性の健康を本当に守りたい。そしてほとんどの男性が女性の子宮へ法律を設けたいのと同じように、私もこの法案を真剣に捉え成立させたいのです。」と続けました。

一方、オハイオ州 Heartbeat法案の代表者は、「まだ生まれていない子供達を守ろうとする私の法案とTurner氏のバイアグラ規制案の間に、関係はございません。」と関連を否定しました。

(2012年3月12日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved