バイアグラのガム? ジェネッリック薬販売が迫って製薬会社が忙しい

ED治療薬製造会社が新しいニッチ(隙間)商品を探している

その66 バイアグラ ニュース

バイアグラに関する医薬品特許が来年2012年に失効するため、後発医薬品・ジェネリック薬が50億ドル市場へ食い込もうと今か今かとその時を待ち構えています。各企業は、他社より多く利益を得ようと色々画策するのが常で、例えば、New York Times紙は、発展途上国中、最大のED薬市場が存在するメキシコにおいて、Phizer社が、ガムタイプ・バイアグラの販売を最近開始したと報じました。(この商品がアメリカ本土へ上陸するかどうかは、現時点で未定。)

一方、競合薬もバイアグラにジリジリ迫って来ています。ある業界評論家は、シアリスが今年、売り上げ総額でバイアグラを抜くだろうと話し、ドイツ製薬会社バイエルのレビトラが、すでに溶解性錠剤として西ヨーロッパ全域で発売され、しかも今月から Staxyn という商品名で米国市場へ売り出されると続けました。他にバイエル社代表の話として、“ポケットに収まって目立たない”引き出し型包装箱に詰められる予定なんだそうです。

また、「“仕掛け”と言ってしまえば大げさだが、企業は、似たり寄ったりした商品群の中で、“自社製品を他社製品以上の存在にする銘柄の独自性 ブランド・アイデンティティー” を新たに作ろうと努めます。」と言及、「例えば、“最新の医薬品” とか “お求めやすい値段” とか “服用しやすい形状” など、これらの語句に対し人々は、“ブランド/銘柄としての魅力を形成” ⇒ “同じ銘柄というだけで他商品にも価値はあると軽く盲信” ⇒ “ついつい同じ銘柄で揃えるように購入”と、典型的な消費者行動をとりうる。」と補足しました。

(2011年4月14日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved