米国老人医療制度が年輩者に310万ドルでバイアグラを不本意に購入

勃起の機能不全項目で発生したソフトウエアの機能不全

その67 バイアグラ ニュース

65才以上の老人を対象にする米国医療制度・メディケアがバイアグラを無料で与えるため、納税者基金から、およそ310万ドルを使っていた事が明るみになりました。今日この出来事について政府調査官等は、何かしらの法律に違反しているだろうと考えを明らかにしております。米国保険社会福祉省への会計検査を主導したGeorge Reeb氏は、「勃起不全治療薬バイアグラは、どう考えても必須医薬品と呼べるような代物ではない。メディケアは、こういったタグイの医薬品を補償すべきではなかった。」と話しています。ブルームバーグによれば、購入は、2007と2008年に行われたそうです。

また、メディケア職員の話として、金額は明らかにされていませんが、2009年、2010年でも、同様な事が起こったとの事。彼らは、原因をコンピューターのプログラムエラーだと主張し、メディケア処方薬制度に携わる民間保健業者から使われたお金を取り戻すべく働きかけています。問題の出費は、メディケアが2007年から2008年に支払った全処方薬代金1330億ドルの極一部にすぎませんが、受け取った民間会社側も、ED薬購入は2005年からすでに禁止されているので、避けられるべきだったと同意しております。

(2011年3月14日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved