米国ファイザー社がリピトールとバイアグラを失業者へ無料提供

70を超える医薬品が“1月1日以降、職を失った人々”の手へ

その75 バイアグラ ニュース

新規事業計画について米国ファイザー社が、仕事と健康保険を失った人々、その家族に対し、薬物治療が中断されぬよう、高脂血症薬リピトールやED治療薬バイアグラを含む数十種類にも及ぶ医薬品を最長1年間無料提供すると発表しました。具体的に、1月1日以降から失業し、かつ3ヶ月以上薬物治療を継続している米国労働者とその家族は、この世界最大手が製造販売する70品目を超える処方薬を$0.00で会計処理されるようになります。

不景気による大量失業、加えてワシントンで盛り上がっている医療制度費用抑制と填補範囲拡大を目指す社会運動が、この援助を引き出したと考えられます。長らく多くの批評家は、医薬品製造業界の問題として度々指摘される産業供給価格や販売慣行に関し、批判の矛先をファイザー社に向けてきました。しかしながら今回の支援策により、企業側は、いくらか社会的信用を獲得できるでしょうし、また恩恵を受ける人々は、ファイザー社製品へ一層愛着を感じ繰り返し使い続けるはずです。

(2009年3月14日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved