メキシコシティ市長が高齢者へバイアグラを無料提供

これも本当にあるのか疑いたくなるような選挙前戦略の一つにすぎない

その76 バイアグラ ニュース

ニューヨーク・タイムズ紙が 「全て Marcelo Ebrard 市長のおかげだ。メキシコシティで60代の人々が嬉しくて喜び踊りまわっている。」と報じました。7月の選挙が不気味に迫る中、Ebrard 氏が、60歳以上の男性にバアイグラを無料支給し市民生活の質的向上を図るという、もうこれ以上に話題にされた出来事が他に考えられない前代未聞の計画を発表したからです。現市長は、説きます。「全ての人が幸せになる権利があります。高齢者を労わらない社会は、尊重に値しないのです。」と、、

ところで、Ebrard 氏が市長に再選してもしなくても、彼がバイアグラをタダで配ったり、公営プールに砂を敷き詰め人工浜辺を作ったり、中央広場を世界最大級のアイス・スケート・リンクに変えたりする事で、たとえそれが選挙用の人気取り政策だと分かっていても、有権者の中には、ありがたいと感謝する人が必ずいるものです。一例をあげれば、ある74歳男性が顔を赤らめながら、こうおっしゃってくださいました。「世の中いろいろ変わるもんだね。今じゃこれが貰えて、俺もかみさんを満足させてやれるもんな。」

(2009年2月13日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved