用途が複数ある医薬品4選

美容と医療は、部分的に一致する場合がある。

その77 バイアグラ ニュース

一般的に各薬品の用途は、一つに限定されて広告されますが、同じ成分でも別の使われ方で人気を博す場合が結構見られるそうです。下記4例は、アメリカABCニュースで取り上げられました。

バイアグラ:男性の特定部位へ血流を増加させる作用で有名ですが、バイアグラは、循環器合併症患者の血流を増加させる目的でも使われています。

ルミガン:緑内障治療薬として人気があります。また製造元は、睫毛を太くしたり、通常より長く伸ばしたりする副作用を利用して “まつげ美容液 ラティース” と言う商品名で化粧品市場へ売り出しています。

ボトックス:しわ除去用治療薬として有名になる前、ボツリヌストキシン・タイプAは、主に寄り目と筋痙攣を治療するために使用されてきました。最近の研究では、流涙症 (なみだ目)に対しても有効であることが分かっています。

エクスタシー:違法な合成麻薬であり、医療目的と言えども、その使用に論争が起こっています。しかし精神病医の中には、MDMA(メチレンジオキシメタンファタミン)の精神安定作用に着目し、心的外傷後ストレス障害に対する心理療法の助けになるのではないかと考える人がいて、現在アメリカで臨床試験が進められています。

(2009年2月10日の情報)

追記※
アメリカ カリフォルニアのローカルテレビ局(たしかKCRAだったかな)で、レイプされた女性が医師の管理の下、エクスタシー服用で立ち直ったニュースを数年前たまたま観た事を思い出しました。(2016年2月21日)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved