調査によると処方薬を扱うテレビ コマーシャルの影響力が弱まっている

ほとんどの患者は希望する薬をCMの商品名を使って医師に求めない

その78 バイアグラ ニュース

処方薬を扱ったテレビCMが影響力を失い終焉を迎えていると広く警告しているのかもしれません。最近の研究で、薬品をテレビで流れている商品名を使って依頼するアメリカ人は、ほとんどいない事が判明しました。とりわけコロラド州では、2003年度の半分、たった3.5%の患者が、医師へ特定の医薬品を処方するよう頼んだだけで、依頼する事自体、減少傾向がはっきり見て取れます。また、MSNBCは、ED治療薬バイアグラや不眠症治療薬ルネスタなど世間に名が知れ渡った薬剤に限定すれば、50億ドルを超える金額が毎年つぎ込まれている計算にもかかわらず、この調査結果なのだと伝えます。

現在、患者がある薬品を希望した場合、受け入れられる割合は、半分程度で、これは、医師等が企業の市場戦略に対し賢くなった兆候ではないかと指摘されています。特に研究報告書執筆者は、「今お医者さんは、患者から強い要望を受けても余裕をもって応対できている。」と強調。きっと最近の欠陥薬回収騒ぎが、テレビ視聴者を用心深くし、患者が医師の薦めを素直に受け入れられる環境になった事が一因でしょう。ともかく今回の報告により医薬品テレビ広告の効果へ “?”が付いてしまいましたが、10年前に米国とニュージーランドで規制が緩和され、この2ヵ国で薬剤テレビコマーシャルが爆発的に発生した時と比べ、現時点でその勢いは、さほど変わっていないように感じられます。しかし今後どうなっていくのでしょうか?非常に興味が湧いてきますね。

(2009年1月13日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2015 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved