男性がバイアグラを手にする前に24時間待たせようとする法案

サウスカロライナ州女性政治家がED治療薬入手を妊娠中絶並みに難しくしようと試みる

その80 バイアグラ ニュース

サウスカロライナ州下院議員 Mia McLeod 氏が妊娠・出産・避妊などについて女性みずからが決定権を持つという思想に基づき、現在どれだけ女性の性と生殖にかかわる権利が抑圧されているのかを人々に痛感させようと木曜日に法案一本を提出し、「私は、主張を明確にするため、わざと出来うる限り、侵害的で面倒で空々しく不必要であるように努めました。」と発言。米国NBCニュースは、女性が妊娠中絶処置を受ける現状程度に、男性のED治療薬入手を困難にしようとするものだと伝えました。

この法案は、下記事項を規定します。

民主党 McLeod 議員は、WCBDテレビ局の取材で、定期的に繰り返し提出される妊娠中絶反対法案にうんざりしていた時、女性に対する抑圧的な法案が、男性の生殖に関する諸権利へ照準を当てられた場合どうなるのか、男性同僚議員達に示してみようと思い付いたと答えています。また、地方紙 Savannah Morning News の記事 ‘非営利団体 Planned Parenthood が中絶された胎児組織を医学研究機関へ提供し見返りを受け取っていたとして世間から非難が殺到した “Planned Parenthood imbroglio”と呼ばれる事件後、施設3ヶ所を有するサウスカロライナも含め非常に保守的な数州が、管轄する全妊娠中絶医院へ立ち入り検査を実施’ にも触発されたそうです。

議会に提出しましたが、McLeod 議員は、法案成立を期待していません。彼女は、取材を通して訴えます。「法案が通過する事は、ないでしょう。議会は、男性社会ですしね。、、、タダ本当に議論を広げて、今まさに、この州で合法な中絶医療処置を探し求めている女性達について考えてもらいたいだけなんです。つい最近、隣のテネシー州でも、24週目に自慰堕胎を試みた女性が逮捕されたばかりなんです。」

(2015年12月16日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2016 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved