バイアグラが運動選手を有利にするかもしれない

研究によって血中の酸素運搬能力向上が確認されたのですが、、

その81 バイアグラ ニュース

New York times 紙が伝えるところによりますと、高地においてバイアグラが競技者に対し不公平になるほど優位性を与えるかどうか研究が行われています。血管を広げる作用により、人の酸素運搬能力を向上させる可能性が指摘されているからです。今回の実験被験者は、全員 Marywood University のラクロス選手で、特に寝室にあると嬉しい “お薬” を持ち歩いているため、毎日からかいに寄って来る同級生達をニヤニヤしながら通り抜けているとのこと。選手の1人が言います。「もしかしたら “おひねり”が貰えるんじゃないかと毎回毎回飽きもせず期待して来るんでしょうね。」

運動選手の間では、半ば通俗化していますが、科学的証拠が全くありません。バイアグラが競技会で公式に禁止されるかどうかは、不明なままです。科学者の中には、この薬剤が勝敗に影響するほど優位性をもたらす事に疑いの眼を向けている人達が結構存在しており、しかも 「不可能ではないが、証明は、極めて難しい」と主張します。しかしながら、世界反ドーピング機関 WADAは、この研究に資金を提供してまで調査しなければいけない状況なのです。去年5月、あるイタリア人選手が、自転車ロードレースで禁止されているバイアグラを82錠所持しているのが見つかり、後々これがきっかっけで、他の運動競技においても事態は同様に深刻だろうと懸念が広がってしまいました。

(2008年11月23日の情報)

※後々は、私は、 “のちのち” から漢字変換しました。ま〜“あとあと”でも問題ないのでしょうが、、

明確な使い分けがあるのでしょうか?

(そんな事をおもった2016年2月20日 自宅モニター前で)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2016 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved