後発医薬品 ジェネリック バイアグが米国へ上陸?

そして米国Pfizer社の17億ドルにも上るバイアグラ単体年間利益が減少すると予想される。

その84 バイアグラ ニュース

日頃倹約を心がけているED持ち男性に朗報です。まもなく米国は、安価なジェネリック版バイアグラを受け入れ、止めようにも止められなくなってしまうでしょう。CBS Newsは、FDA 米国食品医薬品局がシルデナフィル・シトラスとして知られる勃起不全治療薬の後発医薬品を初めて認可したと水曜日に報道しました。またワシントンDCにあるWTOC局によれば、後発医薬品市場占有率世界1位を誇るイスラエル、テバ・ ファーマスーティカル・インダストリーズ社(Teva社)が、米国において180日間ジェネリック版バイアグラの独占専売権を獲得したとの事。しかしながら、バイアグラ開発製造メーカーであるPfizer社との合意により、Teva社は、2017年12月まで発売できないと RAPS.org は、伝えています。(因みに、同社は、EU 欧州連合内においては、2013年からすでに販売開始。)

Teva社のジェネリック・シルデナフィル・シトラス剤は、米国 Pfizer社のバイアグラにおける儲け(2015年度17億ドル)を確実に侵食します。また世界規模で勃起不全治療薬市場は、年間40億ドルを超えると見積もられ、今後企業間競争は、益々激しくなっていくでしょう。他に、米国でジェネリック・バイアグラを発売する製薬会社に Mylan社の名が挙がっており、2017年に開始できれば2番手となります。そしてこれに続き、現在少なくとも9社がFDAへ販売許可を申請中だそうで、認可されれば、Teva社同様、法的効力が切れる2020年まで米国 Pfizer社へ特許権使用料を払う必要があります。しかしながら、将来安定した収益を確保するために米国内シェア確立は、絶対条件であり、どの会社も巨額な権利料を払ってでも、すぐに売り出したいのが実情だと考えられます。

(2016年3月10日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2016 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved