大リーガー、ロジャー・クレメンス投手が球場での成績向上にバイアグラを使用

情報元によれば、少なくとも薬物一種類を使い、愛称ロケットの彼は、マウンドで “直立していた”との事

その88 バイアグラ ニュース

消息筋が選手更衣室で入手し New York Daily News紙へ流した情報によれば、ロジャー・クレメンス投手は、運動能力向上薬を少なくとも一種類服用していたそうで、しかもその薬剤はバイアグラだと言われています。繰り返しますが、クレメンス選手は、女性達と張り切ろうとしてビタミンVを使用していたのではなく、球場での身体能力強化のため、選手数名と一緒にバイアグラを利用していました。他に、筋持久力、耐久力が上がったり、細胞への栄養供給能力が向上するなど、非常に好ましい効果が受け、一時期バイアグラは、野球界に限らず多くの運動競技界で大流行していたと伝えられています。

栄養補助食品会社 BALCO 創始者 Victor Conete氏は、「うちの選手は全員使っていたよ。(筋肉増強サプリメント)クレアチンより人気があって、いま栄養補助食品業界で最大の商品だね。*」と取材に答え、更に“最大”に関連した話として、筋肉をもっと付けようと男性ホルモン テストステロンを注射し、副作用で勃起不全状態に陥ってしまった事例が多々あるので、選手達の中には、“自分のモノを最大にする” あの薬本来の目的で必要だった人がいたのではないかと明かしました。2008年6月現在、米プロ野球リーグMLBは、バイアグラ使用を認めていますが、世界アンチ・ドーピング機関WADAは、プロ運動競技会のいたるところで多量かつ無闇に使われている事を危惧し、服用影響時における調査、研究をしているところだと報じられています。

(2008年6月10日の情報)

(*有効成分含有量が少ない処方箋不要のOTC、一般用医薬品だと思われます。)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2016 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved