バイアグラにかかわる受精率低下問題

この薬剤を男性配偶者側に使用する不妊治療院が抱える新たな懸念

その91 バイアグラ ニュース

性機能改善薬として人気あるバイアグラですが、精子へ劇的と言わせるほど強力に作用するため、男性生殖能力に対し著しく影響をおよぼす可能性が指摘されました。具体的に最近の研究によれば、バイアグラは、精子活動量を上昇させる一方、精子が卵子内へ進入し受精するための酵素に損傷を与えてしまうそうです。対外受精医院では、精子を増やすために男性へよくバイアグラを与えており、この発見は、特に厄介な問題として関係者を悩ませています。

詳細は、Fertility and Sterility誌へ掲載される予定で、関わった主任研究員は、「問題を悪化させるかもしれないのに不妊治療でバイアグラを使用するというのは、まったくもって正しい方法とは言い難いですね。」と述べ、続けて、バイアグラは、医療目的ではなく、一種の娯楽としてより快楽を得るために用いられる嗜好性薬物としての一面もあり、慢性的な使用は、家族計画で将来うまくいかなくなる事態を招きかねないとも警告しました。

(2008年2月24日の情報)


バイアグラ・ニュース・体験談

プロペシア・ニュース・体験談

Copyright c 2016 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved