バイアグラ効能、服用方法、副作用

バイアグラとは?

インポテンツ治療を目的としたお薬です。アメリカPfizer社によって開発されました。薬理学上は、クエン酸シルデナフィルと呼ばれています。1998年3月米国FDAによって男性の勃起不全薬として承認されました。

 

カラダに何をしますか?

バイアグラは性的に興奮している時の勃起とそれを維持する力を増進させます。もし、心理的にムラムラしなければ、たとえこの薬を服用していたとしても自発的に勃起は引き起こりません。

 

どのように作用するのですか?

バイアグラは、経口用の丸薬として調合、成型されます。服用後、吸収され有効成分が血流に乗ると、主に男性器中にあるホスホジエステラーゼ5(PDE5)と呼ばれる酵素を抑制します。このPDE5酵素はGMPサイクルを抑制することで知られています。GMPサイクルは、勃起が起こる性的な興奮中に始まり、このサイクルが長ければ長いほど男性器に血液が注ぎこまれる回数が増える事になるのです。まとめると、バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルがPDE5酵素を抑えGMPサイクルを延長し男性器に血液が注ぎ込まれる機会を増やし勃起させ通常より長く持続させるのです。

 

いつ服用すべきで、また効果はどのくらい続きますか?

服用してから30〜60分後に性的にムラムラしていただくのが理想的です。言い換えると行為の30〜60分前にお使いください。効果はおよそ4時間で半減します。

 

服用後、性的な興奮が起こらなければ、どうなりますか?

有効成分は代謝産物として大、小便から排出されます。

 

成功率はどのくらいですか?

だいたい75%と言われています。

 

副作用はありますか?

服用者の少数で、一時的な軽い頭痛、吐き気、赤面、泌尿器官感染、色感性の変化が報告されています。

 

バイアグラを摂取してはいけない人はいますか?

Organic Nitrate, 硝酸塩系物質を服用している方は服用しないでください。また骨髄腫、白血病、鎌状赤血球貧血症、を患っている方は、厳重な注意が必要です。以前バイアグラ服用者の死亡例は300万人中130人とリポートされ、心臓病の死亡率より低く、しかもバイアグラが直接死に追いやった証拠はありませんでした。しかしながら皆様は、性行動が心臓に対するリスクを上げることを知ってください。また、勃起不全は、たびたび重大な心血管問題の副作用によるものだということも知ってください。ですので、心臓、心血管に問題があると思われる方々はお医者様へ相談することをお勧めいたします。

 

一日に何度服用できますか?

性行動をはじめるおよそ1時間前に一日に一回だけ服用してください。

 

どんな服用が最適ですか?

最低服用量として25mgからバイアグラ治療を始めることを勧めています。通常は50mgです。1日に100mgを越す服用は、薦められていません。

 

バイアグラと他の勃起不全治療薬を併用することはできますか?

併用しないでください。


最初のページ

Copyright c 2014 バイアグラ取り扱い実績10年以上|ITS個人輸入代行 All Rights Reserved